【文学】太宰治の遺作「人間失格」又吉さんにも相談しました!徹底分析編

コメント数

  1. migi shiri

    migi shiri日 前

    文学シリーズで又吉さんを名誉助教授として呼んで2人で講義して欲しいです!

  2. Basil Sweet

    Basil Sweet6 日 前

    自分を信じることが一番大事だ。自分を信じられない人が宗教に走ると思う。

  3. Basil Sweet

    Basil Sweet6 日 前

    中田さんも太宰の毒に飲まれかかったようだと思った。

  4. Buddha Gautama

    Buddha Gautama6 日 前

    17:10

  5. さん田中

    さん田中8 日 前

    やばい、めちゃめちゃおもろい

  6. yu taro

    yu taro8 日 前

    面白くて一気に3本見ました。 この作品はある男の生き様のようにも読めるし、中田さんの言うように宗教的な意味あいでも読める。もっと色んな見方もあると思う。でも、太宰治が本当に言いたかったことは永遠に分からない....。なんかそこが多くの人を惹きつけるのかなって思いました。 太宰治の作品の素晴らしさを教えてくれてありがとうございました!

  7. hannah

    hannah10 日 前

    ふかすぎ

  8. *医薬部外品

    *医薬部外品10 日 前

    終始鳥肌モノだった

  9. TonyMc

    TonyMc10 日 前

    「走れメロス」を1分半でまとめちゃう男。

  10. でくのぼう

    でくのぼう11 日 前

    ほんとおもしろい

  11. カルパッチョ.

    カルパッチョ.11 日 前

    これらの作品を書いた当人達は本当にこのようなメッセージを思い描いたのだろうか。記録とか残ってないのかなぁ。 でも、読者の解釈があるからまた深くなり面白くなる。

  12. 浜田

    浜田9 日 前

    カルパッチョ. 作者の考えの全てを解明することは文学の面白さを半減させること

  13. Nyao Nora

    Nyao Nora12 日 前

    文学は問題提起、経済や科学は問題解決。 ↑ この言葉が一番心に響きました。

  14. 石坂あい子

    石坂あい子12 日 前

    感動した。

  15. mikkty

    mikkty13 日 前

    まさしく太宰治なんでしょうね。ただのデカタンと見られていた彼の内面が、とても複雑で悲劇的であった、と。 太宰治のエッセイは、どれもこれも二面性のあるピエロばかりで、どこか感情が欠けているんですよね。

  16. ふろ屋

    ふろ屋14 日 前

    作中何度か「神は私に生きることを許さない」的な意味の言葉がある だから最後の「神様みたいにいい子だった」というのは自分を殺すのは環境でも他人でもなく自分自身だと言ってるのではないかと私は考察しました

  17. りりり

    りりり15 日 前

    おわりがきれい

  18. sabaketa

    sabaketa15 日 前

    初めまして〜ワヒュです。はじめて翻訳した「こころ」を読んで、その〜やっぱり日本人って一つの神様信じてないからこうなっちゃったと思いました。僕は生まれてイスラム教で、ずっといままで一つの神様として信じていて、コーランはこの世界のマニュアルブックとして信じています。 人間失格は読んだことありませんが、アニメと情報を読んだことあります。これは日本人らしいなと思いながら、本当に日本人だけの問題かな?でも、名作だから、誰でも、知ってるだけじゃなく、同じ思いを考えてるからちゃう?日本人だけの問題じゃないかなと思っています。

  19. naiチャンネル

    naiチャンネル20 日 前

    人間失格はエヴァンゲリオン(テレビ番) シンちゃん=葉ちゃん

  20. 线

    线20 日 前

    自分を信じればええんちゃう!!!!!!??!!?

  21. 良2世

    良2世20 日 前

    本当にすごくて感動しました。 中田先生、本当にありがとうございました。

  22. もんだほんいち

    もんだほんいち21 日 前

    人間失格の後に対義語なパーフェクトヒューマン(完璧人間)を入れてくるとは!

  23. マンチーズピザ担当

    マンチーズピザ担当21 日 前

    ドグラマグラ希望です。

  24. 福島みう

    福島みう22 日 前

    明治~令和まで生活や文化 変わっていても人間の根本は何も変わらないと思いました 文章にする以外にも この通り動画にもできます 令和が終わるころ 中田さんは動画をつかった文豪みたいな存在になっているかも あと話しずれますが 韓国が日本よりかなりキリスト教が信じられているのがなんとなく理解できたきがします ・・・もち(若い者の流行語である)ヘイトの意図はありません

  25. まみむめも

    まみむめも22 日 前

    (好きな事を書いています、長いです、すみません) 罪の反対語って何だろうと人間失格後編から考えてました。 まず葉蔵の罪を考えました。彼の罪の一例として私が直ぐにぱっと浮かびあがったのはシヅ子とシゲ子を置いていったこと。 自分がいると幸せになれないからと自分から身を引いた葉蔵は結果論的にそれで正解だったのかもしれない。でも堀木が1度伝言で言ったようにそれでも尚2人は葉蔵を待っている。どれだけ金をむしり取ろうが、自分の着物を質に入れられようが2人は彼を待ってる。これは彼の罪に当たるのではないかと私は思う。 彼は自分自身に何も価値がないと終始思って行動をしている。そのため自分を切り捨てたり自分を落とすような貶すような行動をも容易に出来た。そういう思考や行動が罪で、彼を人間失格へと追いやったのではないかと私は考えました。 それを前提に罪の反対語は何だろうと考えた時、私は意外と「業」なのかもしれないと思いました。 自分自身の価値を下げ、自分自身を大切にしない葉蔵のよりも、自分自身を思い自分自身のために行動する業の深い人間の方が、よっぽど人間らしいってことなのかなと、ここで書く「罪」と業という言葉は対義語なのかもしれないと、なんとなくエクストリーム人間失格を3作見て感じました。そう考えると堀木と葉蔵は凄く対照的に書かれてるのかもしれないとも感じました。 以上です。中田先生、私にこれだけ頭を使わせてくれてありがとうございました。

  26. I. shino

    I. shino22 日 前

    本当に文学史リーズ大好きです 体調に気を付けてこれからも本当に頑張ってください 心のそこから応援しています😊

  27. /Noelのえる

    /Noelのえる22 日 前

    んーなんか、すぐに自分の答えを出してはいけない気がする 出せないや この本に対する自分の答えを1年くらい悩みたい笑

  28. 魚島真司

    魚島真司23 日 前

    私は「人間失格」は、愛について 書かれたものではないかと思います。 主人公は愛を求めるが、愛することが出来ない、愛し方がわからない苦悩が 描かれてると思います。 それは 幼少期の家庭環境で愛を受けられない子供が大人になった時、戸惑い苦しむ そして、愛とはないか と 問いかけてる様に思えました。

  29. atoz0x0

    atoz0x024 日 前

    日本人が無宗教だとはいわれるが、伝統的には日本は仏教国ということになる。また戦後日本人が宗教を信じない大きな理由は、総力戦、第二次世界大戦にある。天皇を神として信じて、日本全土は焼け野原となる。

  30. 及川広一

    及川広一25 日 前

    人間失格と日本の宗教とは何か?の動画がつながった。こんなに軽く楽しい話で日本人のアイデンティティを考えさせてもらえる動画。素晴らしい。

  31. k m

    k m25 日 前

    境界性パーソナリティ障害の他に解離性同一性障害の話がちらっと出て、話の流れからして違うんだろうけど堀木と竹一が葉蔵の多重人格だったと考えると何かしっくりくるものがある。 そして、もし幼少期の話は最期の 一言から父親からの虐待の暗喩だったのかなとか考えると色々な捉え方ができる面白い作品ですね。

  32. Kumagoro

    Kumagoro26 日 前

    生きていくのに「信じるもの」って必要なの?

  33. tetsu koba

    tetsu koba24 日 前

    ほんとに困った時、どうしますかー??という話かな?(死にたくないのに、死ななきゃならんとか。??)

  34. SEKAI NO OWARI !

    SEKAI NO OWARI !27 日 前

    日本人は宗教に対しての認識が甘すぎる。信じてるものもバラバラ

  35. 仁-JIN- no-k

    仁-JIN- no-k28 日 前

    最後のところがすごく鳥肌がたった、あっちゃんすげーよ👍

  36. まみ

    まみ28 日 前

    信じれるものがない。確かに こころと人間失格と宗教繋ぐのすごい

  37. まみ

    まみ28 日 前

    経済は問題解決 文学は問題提起 わかる

  38. Lina 777

    Lina 777ヶ月 前

    他信は揺らぐけど、自信なら芯がある。

  39. izumichiyoda

    izumichiyodaヶ月 前

    最後の方のあっちゃんの熱量には圧倒されました!そうすると、昭和の人間失格で日本人の宗教的問題提起は終わったんだと私は思いました。そして現在は多くの部分では解決され、あるいは解決されていないんだと思います。

  40. バスケ将棋

    バスケ将棋ヶ月 前

    文学史編おもしろくて一気に全部読みました、、新しいジャンルを教えてくださりありがとうございます

  41. 石井勲

    石井勲ヶ月 前

    あっちゃん、最後に凄いまとめ方、素晴らしいです! 太宰さんでも又吉さんでももありませんが、合格です!

  42. 宮下淑妃

    宮下淑妃ヶ月 前

    人間ってなんなのか考えました 日本は世界から見たらほんと珍しいですよね 宗教が悪いイメージに思ってしまうのもわかる気がしました! あとあっちゃんの話をまとめる技術 理解するちからほんとに凄いと思います! 意識してることや方法ってありますか?

  43. Yayoi Iyoda

    Yayoi Iyodaヶ月 前

    大好きな大好きな大好きな又吉さん出てらして幸せ❤️ キリスト教と日本人の信仰心の葛藤といえば、戦後に書かれた遠藤周作さんの「沈黙」がお勧めです。どんな本でも、例え辞書でも読み物として楽しめる私が初めて途中で挫折した重い重い重苦しい本ですが、映画化されて話題にもなってましたし、中田さんならわかりやすく読み解いてくださると思います😊✨

  44. Té m

    Té mヶ月 前

    中田先生の動画を観て、ふと思い出しました。あまり直結しないか、と思いつつ。 1979年頃、ボート難民を救うためにパスポートもなしでアジアに飛び、医者ベルナール・クシュネーが、ずっと後で、ホームレスに住まいをと立ち上がり、清貧を貫いたピエール神父との対談の冒頭で、 「僕は神を信じない」Je ne crois pas en Dieu. 「あなたは幸運にも神を信じ、癒しを受け、それが力になっている」Tu as de la veine de croire en Dieu parce que cela soulage, cela conforte. つまり、神父さんは神を信じているわけだから、それだけ楽だよね、という意味のセリフを言い、さらに「信じる者はより強靱だよね」っていたのを思い出しました。 ピエール神父は「その癒しになる、という言葉には賛成できない」と二人の神を巡る対談は平行線を辿るばかりですが、クシュネー氏は途中でようやくピエール神父のアウトロー的な面は好きだと。 血まみれの戦場で医療にあたり、時に救えなかった命もあり、ある意味、信じるものの軸を「神」に対して失ったのがクシュネー医師だったかな、と。

  45. King zoo

    King zooヶ月 前

    確か和泉式部日記だったかな?あれも自分を客観的に書いてましたよね 影響を受けていたのかもしれませんね

  46. mggm

    mggmヶ月 前

    マヤ文明の歴史を中田教授なりの解説で知りたいです!

  47. 翡翠

    翡翠ヶ月 前

    22:23

  48. 河守怜

    河守怜ヶ月 前

    いやあ、かっこいい これ毎日見れるのすこ

  49. OONISHI YOSHIO

    OONISHI YOSHIOヶ月 前

    この小説は、引き込まれるように読んでいました。ほんとうに偉大な作家ですね。

  50. あのくりむ

    あのくりむヶ月 前

    特に神回。他の言葉はもぅ要らない。

  51. クロノ・トリガー?

    クロノ・トリガー?ヶ月 前

    中田さん話方が上手すぎる 学校の先生もこの動画を見て研究するべきだと思います

  52. L i l o

    L i l oヶ月 前

    うぉぉー!おもしろいー!!

  53. ネギま!!

    ネギま!!ヶ月 前

    この授業聞いて必ず大学は日本文学学科に進むと決意しました。確かに本は大好きでそれこそ「人間失格」も見たことはあったけど、ただの物語としてしか見てなかった、その自分の洞察力の浅さに羞恥心を覚えました。 だけど今回、こんなにも一つの作品を探究し、その終着点、それが本当の終着点とは言えないのかもしれないけど、それにたどり着くことの楽しさや色々な考え方を踏まえた様々な考察を交えることの難解さ、だけどもそれが狂おしいほどに魅力的に僕には移りました。 前々から漠然としか考えてなかったけど、ハッキリと決意しました。僕は明治大学の文学部に進学します。あと2ヶ月死ぬ気で頑張ります。

  54. あ あ

    あ あヶ月 前

    頭のいい人はその映像をそのまま話せる。だからモノマネ上手い人だったりする。島田紳助さんや明石家さんまさんもそうだけど、中田敦彦さんもちゃんと映像通り五感をさいだいに働かせてるから又吉直樹さんのモノマネめちゃくちゃ上手かった笑

  55. 寺岡佳代

    寺岡佳代ヶ月 前

    読みました。ずっとトンネルの中でした。一番最後のバーのマダムの言葉はやっぱり悲しかった。どこかで救われてほしかった…

  56. イクイクされた馬

    イクイクされた馬ヶ月 前

    葉蔵は日本人そのものなのかもなぁ

  57. sweetchicstar HS

    sweetchicstar HSヶ月 前

    樋口一葉お願いします!

  58. 07 guest

    07 guestヶ月 前

    良いですね

  59. ytr 0403

    ytr 0403ヶ月 前

    凄いです… 読み直してみようと思います。

  60. hitomi shiraishi

    hitomi shiraishiヶ月 前

    この授業本当に好き!信じるものが無いのがよいのか?有るのがよいのか?考えさせられる

  61. ヒロレイ

    ヒロレイヶ月 前

    素晴らしい考察です。 その上で、私は なぜ?私は生まれて来たのか? なぜ?私は死んでいくのか? 人は、自分で自分の生き方と 死に方を、選択出来ると 思います。 私の場合は、愛する人の為に生き!愛する人の為に 死んで生きたいと思ってます それは、今の妻と生と死を 共有したいと常に努力して 生きています。❤️❤️❤️ だから、幸せですよ。❤️ いつも楽しい講義をありがとうございます。😃

  62. しろうこ

    しろうこヶ月 前

    めちゃくちゃためになりましたし知識は世界を広げるんだなあとつくづく思いました わびさびの感性や非対称を好む美的感覚はよく言われますが、昨今でいえばお隣とは対照的なアイドル観(未熟なところが応援したくなるといいますよね)など 日本人はどこか足りないというところに惹かれるのかもしれませんね